サポーター情報

ホーム > サポーター情報 > サポーター会員規約

賛助会員規約

「第6回ネイルグランプリ」(以下、「本大会」といいます。)を開催するにあたり、一般社団法人ネイルグランプリ(以下、「主催団体」といいます。)は、「ネイリストがネイリストの未来を創る」の趣旨に賛同する賛助団体、賛助企業(以下、「賛助会員」といいます。)の募集にあたり、以下のとおり賛助会員規約を定めます。

第1条(ネイルグランプリの理念と目的)

「共に目指し、共に磨き、共に叶える」を理念に、ネイリストが主役となって輝ける最高のステージや、互いに学びあえる場を提供することで、ネイリスト達が自らの仕事に夢や誇りを持ち、向上心と明確な目標を掲げられるようにし、ネイリストの地位向上・ネイルサロンの品質向上・ネイルの価値向上を目指し、ネイル業界の発展を目的とします。

第2条(ネイルグランプリの運営)

ネイルグランプリは、以下の運営を行います。

  1. 理念と目的に賛同する実行委員の募集と、理事の選出および一般社団法人の運営
  2. ネイル業界の発展を願う企業、機関、学校、団体、サロン、個人に対して、ネイルグランプリへの理解を深める活動およびネイルの魅力を伝える活動
  3. ネイルグランプリの運営する活動に参加するサロンの募集と全国のネイルサロンの模範となるサロンの選出
  4. 模範となるサロンを決定するグランプリ大会およびそれに付属する大会の運営
  5. ネイルグランプリの活動に参加するサロンの品質向上に繋がる勉強会の開催
  6. サポーター得点の履行に必要な事項
  7. その他ネイルグランプリの運営に関わる関連事項

第3条(協賛契約の締結について)

サポーターはネイルグランプリの理念および目的を理解した上で本規約に同意し、所定の申込手続き及び以下の協賛金の支払をネイルグランプリに完了した時点で協賛契約が締結します。

第4条(協賛金とサポーター名称)

  1. サポーターは、メインサポーターとエリアサポーターの2種類があります。
  2. サポーターはネイルグランプリに、協賛の口数を指定して協賛の申込みをします。
  3. サポーターは、協賛口数に応じて、下記の名称が使用されます。
・メインサポーター 協賛申込み口数・・・1口5万円(税込)
40口 200万円 ・・・ ダイヤモンドサポーター
20口 100万円 ・・・ プラチナサポーター  
10口 50万円 ・・・ ゴールドサポーター  
6口 30万円 ・・・ シルバーサポーター  
2口 10万円 ・・・ ブロンズサポーター  
・エリアサポーター 協賛申込み口数・・・1口1万円(税込)
30口 30万円 ・・・ E30
10口 10万円 ・・・ E10
5口 5万円 ・・・ E5
3口 3万円 ・・・ E3
1口 1万円 ・・・ E1

第5条(協賛契約期間)

協賛期間の有効期限は、協賛契約の締結の日から直近のネイルグランプリが運営するグランプリ大会の開催月末までとします。

第6条(サポーターの特典)

  1. サポーターはネイルグランプリが定めるサポーター特典において、申込み口数に応じた特典を受ける事ができます。
  2. 特典は第三者に譲渡することは出来ません。
  3. ネイルグランプリはサポーターに対し事前に通知したうえで、特典の内容を変更することが出来ます。(特典は、「サポーターの種類と特典」の表に準ずる)

第7条(ロゴおよび名称の使用等)

サポーターは契約期間中、ネイルグランプリの名前およびロゴを無償にて、プロモーション活動等に使用することができます。但し、大会名称およびロゴの所有権はネイルグランプリに帰属するため、使用に際しては事前にネイルグランプリに通知するものとします。

第8条(サポーター活動の禁止事項)

  1. ネイルグランプリの行う大会および勉強会などの開催中は、決められた時間以外での営業活動は行ってはならない。
  2. ネイルグランプリの行う大会および勉強会に参加サロンへの、過度の勧誘および販売行為は行ってはならない。
  3. 「ネイルグランプリ推奨」「ネイルグランプリ絶賛」等の、あたかもネイルグランプリが推奨しているかのような表現をし、企業ならびに商品の宣伝活動を行ってはならない。

第9条(契約の解除)

サポーターは所定の手続きを行い、契約を解除することができます。但しネイルグランプリは受領済の協賛金は返還の義務を一切負わないものとします。

第10条(契約の取消)

ネイルグランプリはサポーターに次の事由が生じた場合、協賛契約を取り消すことが出来るものとします。但しネイルグランプリは受領済みの協賛金は返還の義務を一切負わないものとします。

  1. 本規約第8条に定める禁止事項に抵触しネイルグランプリから注意喚起しても、なお状況の改善がなされない場合
  2. サポーターが規約等に反し、円滑なサービス提供を妨げる行為をなす等、ネイルグランプリの運営を妨げ、ネイルグランプリの名誉、信用を傷つける行為があった場合
  3. 暴力団等反社会勢力に所属していると認められたとき
  4. 法人で役員のうちに暴力団等反社会勢力に属する者がいるとき
  5. 法人の役員が逮捕または起訴されたとき

第11条(個人情報)

ネイルグランプリは、申込みの際に提出された個人情報について、サポーターへの資料の送付、イベントの案内などにのみ使用できるものとし、サポーターの承諾がない限り、収集した個人情報を当該目的以外に使用せず、又第三者に提供しません。ただし、次の場合は除くものとする。

  1. 法令による開示義務が課せられた場合
  2. 行政府、裁判所、その他の公的機関により開示することが要請された場合

第12条(不可抗力)

天才事変等その他の不測の事態によりグランプリ大会が開催できなかった場合、もしくは開催途中に中止した場合は、ネイルグランプリはサポーターに対しその責を負わないものといします。

第13条(協議)

本規約に定めなき事項については、双方協議のうえ決定するものとします。

上へ